アフィリエイト実践記

アフィリエイトはこんな環境でやってます【画像付き】

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

アフィリエイターってあんまり表に出てこないし普段の生活がどのようになっているのか見えにくいですが、私の職場の風景でいいのであればお見せします。

現在使っているパソコンは二台。両方共Windowsですが、一台は出先でも使えるようにノートパソコン、もう一台は常時回しっぱなしのデスクトップです。

二台あっても結局メインは一台で十分なんですが、常にアナリティクスのリアルタイムレポート概要を監視しながらアクセスの動きを見ているので、デスクトップはツールを回しっぱなし画面は付けっぱなしです。寝る時もそのままの状態にしてます。

かなり部屋は散らかってます。どんなに片付けてもちびどもや、飼っているうさぎが部屋を荒らすので、まとめて片付けるというスタイルが定着しています。

 

生活スタイル

朝というか、午前3時くらいに起きてフラフラしながらパソコンの前に座り、前日の売り上げチェックとアクセスチェックを行います。そのまま色々とデータをチェックして記事書きを開始。ちびどもは7時半には学校に行くのでそれに合わせて準備を終えて、送り出してからうさぎと遊んで、最近は別宅の妻のところへ行き仕事再開。

2時か3時くらいになったら帰宅し、またパソコンに向かって記事書きやシステムを作ったりデータを収集したりと作業して、夕方6時すぎにちびどもと夕食を作って、食後またパソコンの前で作業開始、そのまま22:00くらいまで作業するのですが、その頃には集中力も切れているので、ぼけーっとサイトを眺めたり、スマホでゲームをやったり、ちびどもを寝かしつけたりしてそのまま寝ます。

で、また午前3時くらいに、寒いなーと思いながらパソコンの前に座り、咳き込みながら作業し始めるという生活です。

このゼロから始めるアフィリエイト実践記というサイトは、その合間であったり休憩中にかるーく書くという位置付けにあります。アフィリエイトというか、ネットを相手にした仕事をしていると、パソコンの前に座ってすぐに作業に入ることができるように身体を馴染ませるのは意外と重要で、今までアフィリエイターを数多く実際に見てきましたが、座ってから作業に入るまでのスピードが早いひとって例外なく稼げている人達ばかりです。

もしパソコンの前に座って、記事を書くなり作業するという行動に移るまでのスピードが遅いと思うのであれば、意識して早く作業に移れるように身体を馴染ませるということも必要になってくると思います。

 

アフィリエイトはノウハウだけではなく訓練も大事

また、地味な内容になりますが、記事を書いたあとに一息つきたくなる気持ちもわかります。ですが、記事を量産するということにおいて、次々と記事を書けるということも大事です。私のように本業であれば、の話しなんですけど、本気でアフィリエイトで稼ぐのであれば、1日ぶっ通しで2000~3000文字くらいの記事を10記事から15記事くらい入れる勢いでやっている奴もいるんだなーくらいの感覚で知ってもらえればと思います。

この辺は仕事と同じで慣れなので、もしアフィリエイトをやろう!という気持ちがあれば、メインのサイトと、息抜きで書ける訓練的なサイトを持つのも役に立ちますよ。

で、訓練用のサイトをやるのであれば、ただの日記サイトはやめときましょう。記事を書く時に意識することは「対話」です。自分がこう書く、誰かがそれに反応する、疑問が起こる、それに答える、という事を想定しながら瞬発的に記事を構成していきます。独りよがりの文章にするのではなく、常に読み手を意識して、こう書いたらこういう疑問が起こるだろうから、それに対してどう答えるか、という事を意識すると、読んでいても入り込みやすい文章になります。

シンプルに言えば、自分の言葉に対して相手がどう思うのか気持ちを先回りして考えるということですね。

全ての人にとって有益な情報なんて考えなくても良いので、頭の中に対象人物を設定し、その人物と会話しているという想定で文章を構成していきます。このへんも訓練です。意識して書くか意識せずに書くかで、その後の文章能力に影響すると思うので、1年後、2年後、3年後に出来ていればいいや、というくらいの気持ちでとにかく続けることが大事ですね。

 

ということで夕食を作ってきます。

-アフィリエイト実践記

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。