せどり ネットビジネス

元塾生が語るRTLせどりアフィリエイト塾の裏側

更新日:

Pocket

どーも竹内です。

私が過去に入っていた唯一の塾は、RTLせどりアフィリエイト塾というものです。インフォトップでも1位になるくらいなので、知っている方も多いのではないでしょうか。

で、1期と2期に所属していたのですが体調を崩してしまいリタイヤしてしまったんですね。

ネットを調べていると、RTLは詐欺だとか1期、2期は存在しないという内容をちらほら見るので、元塾生としてそのあたりについて詳しく説明していきます。

当サイトは本名でやっているんで闇討ちなどはやめてください 笑

(モザイクを入れてますが、一部の方は今やせどり界の超有名人なので名前は伏せてません。岩崎さん、有さん、バズさん、コータさん、いつぞやは大変お世話になりました)

 

RTLの1期と2期は存在します。

単刀直入にいうと、RTLの1期と2期は存在します。

RAC(ランボーアフィリエイトカレッジ)という安川等さんが運営するアフィリエイト塾があって、その中のサークルのひとつにせどりとアフィリエイトの融合をテーマとするRTLというチームがありました。

RACの塾長は安川等さんなのですが、その中の講師として岩崎秀秋さんが在籍していて、密かにRTLというチームを作っていたということなんです。このようにRACの中にRTLがあり、その中で1期と2期が存在していて、そこから独立したRTLの3期と4期、5期が(6期は現在オファー中かも)表に出ているということが事実です。

 

RACからRTLが分裂した理由

なぜ、RACからRTLが分裂したのかといえば、

安川等さんよりも岩崎秀秋さんに着いて行った方が稼げるから 笑

ようするに実力の差が格段に違い、入ったばかりの塾生でも分かるくらい有益な情報や稼げるための知識を提供していたのが岩崎秀秋さんということです。

ということで、他のサイトで見た「RTLには1期と2期は存在しない」という内容に関しては嘘であって、ただの知識不足。元1期、2期生の私が言うのだから間違いありません。

 

RTLせどりアフィリエイト塾は詐欺なのかどうか

確か入塾費用は30万くらいします。

で、詐欺かどうかと聞かれれば、RTL(RAC)の内容に従って行動した結果、入塾した費用の十倍・二十倍という金額を稼いだので詐欺とは思ってません。

詐欺かどうかを考える前に、塾の内容について説明するとせどりをテーマとしたアフィリエイトということになります。

今現在はどのようになっているのか推測でしか話せませんが、当時はメールマガジンをせどり属性の読者に配信し、アフィリエイトを行うというものでした。

 

現在はおそらく、メルマガをメインとして、LINE@やカカオトーク、ツイッター、サイトアフィリ、Facebook、YouTubeも絡めて集客しているのではないかな?と推測します。

 

メルマガは今でも全然通用するオファーの手段として有効なので、まずは読者を集めるためにwordを使って『せどりのレポート』を作成します。それをPDFレポートにしてメルぞうに提出。メルぞうから自分のレポートがダウンロードされることで、自分のメルマガの読者に自動で登録されるという仕組みを利用した集客方法です。

 

ただ、レポートがダウンロードされるのを待つだけではなかなかリスト(読者のメールアドレス)は溜まりません。

そこで、すでにメルマガリストを大量に抱えている情報発信者(塾生)が自分のメルマガでRTLメンバー内のレポートを紹介します。このことで、RTLというチーム全体で読者が増えていき、通常の方法よりも格段に早くメルマガのリストを獲得でいるという仕組みです。

ちなみに私は入塾から三ヶ月ほどで、リストを3000は獲得できたので、メルマガの威力や集客の大変さを知っている方であれば、3000という数がどれほどのものなのか想像は付くのではないでしょうか?

 

で、最終的な読者数は21493人です(現在も所有してます)

これだけ読者を抱えていて稼げないほうがアホだってほどの威力があります。

しかも読者はせどりのレポートをダウンロードした「せどり属性」なので、メルマガへの食い付きも当然良く、開封率も高いという結果に繋がります。

 

せどりメルマガでオファーをかける商材はさまざま

せどりメルマガをせどり属性に向けて配信するので当然オファーをかける商材は「せどり系の商材」です。

基本的に、岩崎秀秋さんが運営する株式会社キュリアスコープ(ちなみにキュリア・スコープではなく、キュリアス・コープと区切ります)の商材や、他の塾生が販売する商材、それ以外にも岩崎さんのコネで獲得した特単(特別単価のこと、ようするに通常よりもアフィリエイト報酬が高い)をオファーしていきます。

 

ここまでを簡単にまとめると、せどりレポートを作成し、メルぞうに提出。そのレポートを塾生同士でメルマガで紹介しあい、お互いに読者を増やして行く、そして、せどりの商材をそれぞれのメルマガでオファーをかけていく。

このような流れですね。

ここからは推測ですが、現在はメルぞうではなく『転売ノウハウ無料図書館 フエール』を使ってメルマガの読者を集めているのだと思います。このサイトの運営者もよーーーく知っている塾生のひとりなので、間違いありませんw

 

基本的に一度読者さえ集めて、自分のファンを作ってしまえばあとは自由。集客方法は無数にあるので、メルマガをベースに、LINEチームやFacebookで固定客を囲っていくということもできます。

 

ここまでの内容に関しては、こうやって説明するのは簡単です。ここまで話しても良いのだろうか?とも思うのですが、実際に個人でこれだけの内容を実践するのは相当な時間と労力が必要です。そもそもメルマガの読者を集めるのであれば、サイトからの集客であったり、メルぞうなどのサービスを利用するしかなく、三ヶ月で3000リストまで持っていくのは不可能に近い内容です。

これが可能となるのは、塾生同士の繋がりによる相互レポート紹介がなせる技なので、あえて説明しました。

 

ここまで読んで詐欺なのかどうかと判断すれば良いのだと思います。私としては、個人でやれば1年2年かかる内容を、たったの数ヶ月で達成できるという点において、塾にいたからこそできる内容だと思っているので詐欺だとはまったく思っていません。

 

RTLアフィリエイト塾の真実その1 常に戦い続ける必要がある。

結局は塾に入ったから確実に稼げるというわけではなく、実力のある人は稼げるし、そうでない人は稼げません。これはどのような業界においても当然のことなので、特筆すべき内容ではないです。

ただ、問題点という部分が、読者は相互紹介で集めて行くので、塾生が30人いるとすれば、読者も基本被るということになります。30人であれば良いですが、塾生が100人、200人と増えていけば、それだけ読者が被ります。

例えば全体の読者が10万人いたとして、そこに対して200人でオファーをかけることになるので、結局実力のある人は次々と成約を取っていくのですが、実力がない人はうまく成約を取ることができません。塾生同士はものすごく仲がよく、定期的に懇親会や、パーティー的なものを行っているのですが、いざオファーがはじまると一気にライバルへと変わります。

ここから抜け出すには、いかに自分のメルマガに読者を囲い込むか(そのためにLINEチームへ誘導する)、メルマガ以外の独自の集客を考えるのか、ということも考えていく必要があります。

ようするに、仲は良いものの、常に戦いの中に身を置き続けるということになります。

 

RTLせどりアフィリエイト塾の真実その2 せどりの本質

RTLはせどりが題材なので、どうしてもせどりの話題になってしまうし、塾そのものがどうだという内容から逸れてしまうのですが、そもそもせどりっって「短期的なビジネス」であって一生涯続けて行くようなものではありません。

短期的というのは、複利で資金を増やせるという点において、例えば100万円の資金があったすれば、それを短期的に大きくするためにせどりを利用するというものですね。コツさえ掴めば120万~130万くらいにはなるので確かに楽なんですけど、正直、資金が大きくなればなるほど、せどりよりも他のビジネスに資金を使った方が全然稼げます

あくまでも資金を増やして他のビジネスを行うための資金作りとしては有効ですが、いつまでも続けるようなものではありません。せどりが大好きだというのであれば何も文句はないですが、10年~20年先の事を考えると、例え外注化したとしても、もっとまともに稼げるビジネスは山ほどあります。

 

で、せどりの情報発信をするということは、せどりを続ける必要があり、読者に付き合わなければいけないってことなんですね。情報を提供するのだから自分もせどりを続ける必要があって、抜け出すきっかけが中々掴めない。

もっと稼げるフィールドは山ほどあるのに、いつまでもせどりと向き合う必要がある。これって自由ではなく私にとっては拘束でしかないんですよね。せどりの情報発信にばかり集中してしまい、視野を狭めてしまう可能性があるので、そこがデメリットとしてのしかかって来るわけです。

 

RTLせどりアフィリエイト塾の真実その3 せどり業界自体が危うい

せどりを実践し、そのノウハウをメルマガで紹介して読者から信頼を得るというスタイルのため、そもそも土台となるせどりがしっかりと稼げるものでなければ意味がありません。

私がせどり業界から撤退した理由はまさにこの一点で、せどり業界はそろそろ終わるだろうという予測の元です。実際には今後もせどりで稼げる人達はいるでしょうが「誰でも簡単にできるネットビジネス」という定義は既に崩壊しているように思えます。

  • 新規セラーは大口に変更できない
  • 増え続ける出品規制
  • Amazonに「定価以上の価格」という表記
  • Amazon刈り取り商品は販売禁止
  • 個人から仕入れた商品は販売禁止
  • メーカーが提供する保証がある場合は保証期間やその他条件においてメーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けることができない商品

などなど。

 

実際にアカウント停止やBAN(削除)されたというケースが増加していて、メルカリやヤフオク、ラクマなどで損切り在庫処分が行われているという現状です。

 

なので、せどり情報発信者として考えることは1つ。

卸販売ということになります。

 

直接商品を卸してAmazonで販売しようというノウハウしか残っていないということですね。

Amazonは現在もリアルタイムで規制を締め付けている段階です。すでにせどらーの排除とも言える段階に入っているのは他の情報発信者も理解している筈です。

情報発信者のAmazonアカウントが凍結されたというブログ記事も見かけるくらいなので【せどりの現状は深刻】という内容を伝えるのが読者のためを考えた情報発信だと考えます。

 

確かに「今はまだ大丈夫」「この状況だからこそライバルが不在で稼げる」という内容も嘘ではありません。ですが、その言葉を信じて参入してきた新規せどらーが、Amazonがリアルタイムで規制を強めている中「今は大丈夫」が「それもダメになった」場合に責任が取れるのかどうかという点において疑問を感じずにはいられません。

 

「本はまだ大丈夫、食品はまだいける、卸販売なら稼げる」

これがどれほど先が見えない作業なのか、本当にビジネスと言えるのか、そもそも人に勧められる内容なのか。

それを判断するのは人それぞれですが、私がせどりから撤退した理由はそこであって、とてもじゃないけど人には勧められるような状況ではないという判断を下したということですね。

 

Amazonがせどらーを締め出しした理由はそもそもせどらーの増加が大きいのではないでしょうか?

 

本当にせどりが稼げて新規参入者が入り込めない環境であれば、私であれば独占して稼ぎます。

ようするにメルマガを使った情報発信能力があるのだから「もうせどりは稼げませんよーやめたほうがいいですよー」と促して、自分が稼げている情報を誰かに教えるのではなく、自分だけの稼げる情報として独占して稼いだほうが早いということですね。

 

それをやらない理由。独占できるチャンスなのに情報として販売する理由についてはあえて言いませんが、少なくとも「せどりは稼げる稼げる」と読者を煽れるような状況ではないですよー、ってことだけは言えますね。

 

これはRTLアフィリエイト塾、ということではなく、せどり全般としての意見です。そしてせどりを題材としている塾なので、間接的に批判っぽくなってしまいましたが、塾を運営するのであれば、せどりだけではなく、同じ仕組みで他の商材を扱ってもいいのではないかな、とは思いますね。ようするに扱う題材は今は微妙だけど仕組み自体はとても良い内容だと思ってます。

 

RTLせどりアフィリエイト塾の総評

RTLが詐欺かどうかってことに関しては、実際に稼げたし稼いでいるひともたくさん見ているので詐欺ではないでしょーね。せどりだけがキャッシュポイントだけではなく、情報発信もキャッシュポイントになるのだから得られるものも大きいです。

塾長の岩崎秀秋さんもとても頭の良い人物で、アドバイスも的確です。思考の中に常に稼ぎ続けるという貪欲さもあるので、これからも現役で稼いでいくだろうし、着いて来る人に対しては手厚くサポートする筈です。

副塾長の別府さん(べっぴーさん)は、、、、生きてるのかな???最近見ないけどなんか裏でやってんでしょーねw

 

強いて言うのであれば、

せどりがダメ 笑

 

気の毒なことですが、せどりよりも全然稼げる分野があるので、視点を変えた方がいいかもしれないですよーってことがRTLに対する総評となります。

 

 

ちなみに、今日は朝から嫁さんと娘と買い物に行って来たんですけど、帰宅してパソコンをチェックしてみると本日の報酬は今のところ35600円でした。そろそろ月収にして100万を超えるラインに入ってきましたが、作業時間は0。仕入れも出品も、卸業者とのやり取りも作業すらも必要なく、パソコンにさえ向かわなくてもこれくらい稼げる世界もあるので、情報発信できる状況が整っているのであれば、せどりだけに拘る必要がないということですね。

 

 

■追伸

RTL塾長、副塾長、講師、塾生の方々からの、

「おめーそんなところでなにやってんだ!!!!」

という苦情については、こちらまでご連絡ください 笑

tomopv128@gmail.com

 

■追記

当サイト宛てに「RTLで稼げますか?」という質問を多数頂いたので、回答としてこちらに追加として記事を用意しました。

RTLせどり塾に関するお問い合わせが来たので元塾生が答えます

 

せどりについてはこちらでも書いてます。

2018年からAmazon仕様変更の可能性が浮上。出品許可申請ができなくなるという噂について考察。

-せどり, ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。