アフィリエイトで稼げない

売る・売りたい・売らない。アフィリエイトで売れないサイトはどれか考えてみる。

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

アフィリエイトサイトを大まかに別けると

  1. 売るサイト
  2. 売りたいサイト
  3. 売らないサイト

この3つに分類できます。

 

で、自分なりの分析なんですけど、この中で一番売れないサイトは、2番目の「売りたいサイト」です。

とにかく「売りたい」って気持ちが前面に出すぎていてすぐに伝わるんですよ。

「売りたい」って、そもそもサイト主の『願望』なんで読み手は引きます。せっかく良い情報を書いたとしてもあまりにも願望が出すぎていると、読んでいても構えてしまうんですよね。

 

売るために紹介しているサイトは素直に売れる

あくまでも私の経験上として、よく売れるサイトって

「売るサイト」と「売らない」サイトのどちらかです。

売るサイトってのは、ようするに売る事を前提として、商品の良さを紹介して、それでいて納得してもらって購入してもらうというもの。メリットもデメリットも考えたうえで、その商品を手にした時の姿をすんなりとイメージさせることができるサイト。

最初から売る事を前提としているので、来訪者も買うつもりで商品の良さをじっくり選ぶことができ、売り手と買い手、お互いに意思の疎通が取れているということになります。

これがもし買い物に行って「無言の売りたい願望」が充満している空間だったとすれば安心して買い物できませんよね。

いいものあるから買ってくださいねー」くらいの方が安心して買い物ができます。

そのへん、読者もバカじゃないんですぐに伝わります。

 

で、もうひとつが「売らないサイト

これも私の経験上なんですけど、そもそも何も売る気がなく、それでいて情報提供していると、「それってどこで買えますか?」と声がかかることがあります。私は情報商材をやっていたのでメルマガでよくあった質門なんですけど、売る気がなくても気になれば読者って自分から購入しようとやってくるんです。

「これ私のアフィリリンクですけどここから買えますよー」と言えば買ってくれます。そこまで正直に言う必要もないですが、本当に良いものを紹介していれば、アフィリエイトというどこかやましい気持ちを持つこと無く売ることができます。

そもそも人って物を買う事自体に抵抗があるのではなく「売りたいオーラ」に抵抗があるのであって、必要であったり良さが伝われば購入したいと思うものなんですね。

 

簡単にいえば、

「これ買ったら俺じゃなくて、あんたが儲かるんでしょ???」

という気持ちを持たれたらおしまいってことです 。

 

かなーり抽象的ですが、爽やかに売る、これって結構大事なんじゃないでしょうかね。

-アフィリエイトで稼げない

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。