ネットビジネス

アフィリエイトで成功するためには守破離が重要。という言葉の罠。

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

相変わらず“詐欺”がマイブームなんですけど、私が詐欺を働いているわけではありません。

体調がどうにも悪くほとんどベッドでゴロゴロしながらスマホを見る機会が多いので、たまには情報収集に時間をかけるのもいいかなーと色んなサイトを覗いています。

どうしてもアフィリエイト絡みのサイトを見ることが多くなりがちなんですが、特に情報商材系を見ているとほんと面白いです。

 

詐欺商材撲滅サイト! ← ここは詐欺です!私が本物! ← ここは酷い詐欺塾です!みなさん気を付けましょう! ← 新手の詐欺サイトです。本当に稼ぎたいのであれば私が ← 永遠につづく

 

これギャグでやってるんでしょうかね。

 

ターゲットは初心者

この世界の方々は初心者をターゲットにした“情弱ビジネス”と裏では呼んでいます。

集客の為のライティングテクニックとしては恐怖を与え(脅すわけではない)、不安にさせてから、解決法を提示し、限定性と制限時間で煽り、判断力を鈍らせて購入させるという手段なんですけど、詳しく説明するのが面倒なので省きます。

アフィリエイトは継続さえすれば誰でも絶対に稼げるようになるといいますが、人には能力ってものがあるので、それに見合った方法を選んでピッタリ型にはまればいいのでしょうが「誰でも」と言われれば夢を見てしまうのもなんとなくわかります。正直そんなに簡単なものではないので無理な人は無理としか言えません。

 

私が見てきた限りで稼げるタイプは

  • 守破離を実践できる
  • 変化できる
  • 本質から理解できる
  • 複合
  • 妙な自信家
  • 奇抜
  • シンプル
  • 頭の回転が早い
  • ポーカーフェイス

この9つのタイプ。

他にもいるでしょうが私が見てきた世界ではこのような人達が実際に稼げていました。

順序として手っ取り早く成功するのであれば守破離を実践するってことです。守破離って言葉を簡単に説明すると、言われたとおりに忠実に行動することですね。

ただし、守破離を守ったとしても教わる相手を間違えれば失敗します。情報商材の世界は独特で、「凄い」という言葉を発してしまうことや思ってしまうこと「上下関係」などを作ってしまうと食い物にされる可能性の高い業界です。あくまでも情報商材の世界での話しなので、それ以外では全然問題ないですけど、どんな大物が目の前にいたとしても飲まれてはいけません。例え尊敬する有名人だとしてもサインください!ってのは無しです。

 

隙あらば上下関係を作り出し、相手を飲み込もうという猛獣がゴロゴロしているので、動じている素振りを見せれば一瞬で喰われます。『依存性』と言って、自分がいなければあなたは稼げないという雰囲気を作り出し飲み込んでいきます。何の話しか理解が難しいかもしれないですけど、そういう世界があり、批判でも正当でもなく、ただ事実として言っているだけです。(もちろん私の知っている世界での話しであって、全てに当てはまるものではありません)

 

で、守破離ってのは教えを忠実に守って実行するということで、この業界でそれをやるのは相当難易度が高いです。常人の精神では、今後一生教わった相手には逆らえないくらい「立場」の上下関係を植え付けられます。

本当に成功したいのであれば守破離の先を見なければいけないのですが、その先を見ること無く上下関係のまま終わるというパターンをいくつも見てきました。

 

教わることは間違いではありません。ですが、あくまでも『対等』として教わること。そこに『上下関係』を作らないこと。あわよくば『超える』気持ちを持つこと。この3つの精神で教わるようにしましょう。とにかく『動じない精神』が重要です。これは学校や社会では絶対に教えてくれない内容なので実践できる人が少ないですが、だからこそそれができれば成功する可能性が高いということなんです。そして感謝しないという意味でもありません。この業界で教わるということは、それほどまでに奥が深いものなんです。

 

で、実際に稼いでいる人は

  • 変化できる
  • 本質から理解できる
  • 複合
  • 妙な自信家
  • 奇抜
  • シンプル
  • 頭の回転が早い
  • ポーカーフェイス

と、続くわけです。

 

これは何度もいいますが、情報商材業界についてなので、純粋にアフィリエイト業界の話しとは異なります。

一般的な考え方であれば、「教わればありがとう」なんですけど、その先にある「さらに上を目指す」という意識が突き抜けるきっかけとなります。ようするに、教わった相手を限界として考えるのではなく、無限に上を目指すという意識が重要ということですね。

で、教える側は自分の存在を相手の限界に留めて起きたいので、その先を見せないように考えるということになります。そこに飲まれると結局限界はそこで止まってしまいますよ。ということが今回の記事のテーマです。

 

-ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。