アフィリエイト実践記

Googleはオリジナルの記事を好む傾向があるかも

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

このサイトの内容って

  • リライトなし
  • 自分の体験
  • オリジナルの文章
  • 自分しか書けないような記事

このような構成になっています。

 

SEO対策もキーワード選定もほぼしていない状態なんですけど、さっきサーチコンソールを見てみるとどうにも比較的大き目のキーワードで上位が取れているようでちょっと驚いています。

新規ドメインはエイジングフィルターがかかって三ヶ月は様子見しましょーね!って記事を何度か読んだことあるんですけど、このサイトのドメインはまだ一ヶ月ちょっとしか経っていないのでその法則には当てはまっていません。

もともとSEOは意識するだけ無駄って考えでやってはいるものの、せっかくなので検証しながら記事を更新していくのも面白いと思い、気になった点について書いてみようと思います。

 

もし自分がGoogleだったら

もし自分がGoogleだとしたら、ってことで『どんなサイトを評価したいだろう』と考えるわけです。まず第一に検索するユーザーあってのGoogleなので、当然検索したキーワードに対してしっかりと回答している記事やサイトは評価したいはずです。

 

で、このようなタイトルの記事は論外です。

マジックミラー号を検索している人はこんな記事を見たいわけではありません。最悪のパターンです。

人生はマジックミラー号

 

例えば「アフィリエイトとは」で検索した時に、アフィリエイトとは?というユーザーの疑問にしっかりと答えているサイトがあればGoogleとしてはとりあえずオーケー。

でも、それを見てこうすれば上がるかもと、似たようなことをやってもGoogle目線では

頑張って書いたのは分かるけど似たような記事はもういりません

って思うのではないでしょうかね?私ならそう思います。

 

検索上位1ページ目がどのような状態が理想なのかと考えると、バリエーションが豊かな方がそりゃいいと思います。

似たようなサイトを並べても正直意味がないというか、ユーザーとしても『はいはい、また同じような記事ね』となるような気がします。私ならそうなります。

 

なので、狙うとすれば、「どこよりも濃くユーザーに回答を与えられるサイト」か、「どこよりも濃くオリジナルでそのキーワードについて書かれているか」を重視するような気がします。

それも、共起語を使ったリライトレベルではなく、完全にそこでしか読めない記事ですね。

これまでの経験上、そういう記事ってむちゃくちゃ早い段階で検索上位に上がります。

 

これはあくまでも私のアフィリエイト実践記としての感想であって、事実がどうとかそういうものではありませんが、

今の検索結果って上から順に読んでも重複した内容になってなくね?

と思ったわけです。(もちろん全てではありません)

 

見出しの『もし自分がGoogleだったら』に話しを戻します。

検索上位を「アフィリエイトというキーワード専用の本棚」に例えると、同じような内容の本を置くよりも、バリエーション豊かな「アフィリエイト」について書かれた本が置いてあったほうがいいよね、と考えるのが自然じゃねーかなーと思います。

ようするに文字数だなんだと言う以前に、テンプレサイトの量産についてGoogleの超頭の良い人達が何も対策を取らないのかな?って考えてみるのも面白いかもしれません。

少なくともコピーコンテンツを測る精度ってGoogleだけじゃなくても相当上がってますからね。Googleはそれ以上に精度の高いコピーコンテンツを調べることができると考えるのが自然ではないでしょうか。ここでいうコピーコンテンツというのは、コピペやリライトではなく、あくまでも似たような内容や構成の記事という意味です。

 

-アフィリエイト実践記

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。