アフィリエイト実践記

アフィリエイトの外注化進行中。新しい試み『アッテ』

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

現在作成中のアフィリエイトサイトのために専属のライターさんを募集したところ、クラウドワークスは瞬時に埋まり(もともと一名しか募集をかけてない)スマホアプリの『アッテ』でも1日で三名の方が見つかりました。

といっても私は外注化に関しては今のところ何もしてません。

嫁ちゃんはSOHOさんの外注化が得意なので、完全に任せきりの状態です。本格的な仕組みづくりは人数が増えて来たり、より作業を簡略化する時なので私の出番はもう少し先になりそうです。

現状の私の作業は「このキーワードで記事を書いてねー」という指示を嫁ちゃんに出すだけなので、ひたすらキーワード選定がメインになってきます。

といってもライターさんもそこまで時間がとれるわけではないので、キーワードが余っている状態なんですけど、まだ取り組み直後なので全然問題ありません。

現在行っているサイトの報酬は1日で20000円~40000円をうろうろしている感じですね。ひとつのキャッシュポイントとしては、ほぼ自分で作業することがない状態なので、とてもありがたいサイトとして成長してくれています。

ライターさんも増えたので、今度どれだけ自分で手をかけずに記事を量産していけるのかがこのサイトをより大きく育てるための鍵となります。

 

ライターさんに良い記事を書いてもらうために

アッテで募集するのははじめてなので、本当に人が来るのかなと思っていたのですが全然来ますね。

そもそも、直接会って物をあげたりもらったりする目的のアプリなので、直接会うことに抵抗がない人が使っているケースが多いです。本来LINEなどのやり取りはできない仕様ですが、直接会ってLINEでもメールでも教えあえば良いのでそこはまったく問題がありません。何しろ近場のライターさんを募集できるのが最高のメリットですね。

で、良い記事を書いてもらうには、どうしたものかと考えて見ると、経験上直接会って話しをしたり、電話で話しをすると仕事という感覚や親近感が増し、記事の内容自体もすごく良くなるように思えます。

業務連絡程度のやり取りではなく、世間話しや書いて頂いた記事に対して感想を述べたりすると、仕事という概念を通り越して作業して頂けると感じています。もちろん指摘すべき点は指摘しますが、あくまでも前提は褒めること。良くなった文章や工夫したであろう点にいち早く気が付き、そこを褒めるということが直接良い記事として納品されるので大切にしていきたいところですね。

 

外注化できるサイトと出来ないサイト

アフィリエイトの自動化を考えた上で、稼げるキーワードから入るのではなく、外注化しやすいサイトをまず考えることも大事だなと最近思うようになりました。

私の文章ってどうやら独特らしく、絶対に真似をしてはいけない文章として紹介されたこともあるので、あまり濃く書きすぎると、ライターさんが書いた文章と私の文章で違和感だらけのサイトになってしまいます。

嫁ちゃんからも、あなたのサイトは外注化できないと言われ悩んでいた時期もあったのですが、それならばと最初から私は何も書かず、ライターさんだけ文章でも稼げるサイトを作ればいいという発想に至ったわけです。

ただ、実際にこれをやるとなると理論だけではなく、色んな問題があります。アフィリエイトはそんなに簡単なものではないので、ただ記事を依頼して記事を量産すれば良いというものではありません。以前はそれだけでも稼げる時期がありましたが、最近のアフィリエイトはホワイトハットSEOが強くなっているので、中途半端な内容では太刀打ちできなくなってきています。

なので、余計にサイト構成や、ライターさんの文章とマッチングするように初期段階でどれだけ設計できるかが鍵だと思っています。口で言うのは簡単ですがこれが難しく、今も現在進行系で考え中の状況です。

少なくとも今作成しているサイトに限ってはライターさんの文章とマッチングしているので理想の形になってくれています。

 

ライターさんの文章とマッチングするのはアドセンス

ぶっちゃけライターさんの文章とマッチングするサイトって、アドセンスがメインとなります。もちろん方法として、扱う商材を使ったことがある、もしくは使っている人材を集めて記事を書いてもらえれば濃い記事も書けるでしょうが、あくまでも理論上の話しであって、実際にやってみるとなかなか難しい問題もあります。

その問題さえ解決できればいけますが、もっと簡単で楽に仕組み作りを考えるのであれば、アドセンスがメインとなるサイトが、私の現在の知識と技術ではベストなんですよね。

まだまだ構想段階なので、これくらいしか書けませんが、そのうち形が出来上がってきたら、売上なども含め実践記としてここに記録していく予定です。

 

まとめ

スマホアプリのアッテとクラウドワークスを比べてみて思ったことは、消費税と手数料の違いですね。

アッテは直接渡しが出来るので手数料も消費税もかかりません。ようするに安く記事書きを依頼できるし、受け取り側も必要な時に報酬がもらえるので、お互いに理想的な関係が成り立つということがメリットですね。

ただ、人の集まりはクラウドワークスの方がやはり格段に上です。

 

 

-アフィリエイト実践記

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。