せどり ネットビジネス

Amazonの規制や情報が飽和しているせどり業界で生き抜くには

更新日:

Pocket

どーも竹内です。

基本、作業の休憩として当サイトで記事書きするというスタイルが定着しつつあり、アフィリエイトに関する記事を書いてはいるものの、せどりの記事は人気があるようです。

これからせどりを始めようという方もいると思うので私の知っていること程度ならなんぼでも書けますので、少しでもお役に立てるのであれば参考にしてみてください。

 

せどりの本質は複利を爆発させること

せどりの絶対条件は資本金が必要だということです。あとありきたりですが月商と月収の違い。月商はあくまでも売上であって、利益ではありません。100万仕入れして100万売っても利益は0ですが月商は100万円です。

おそらく、せどりをやる上で最もイメージしやすいのは、貯金だと思います。

例えば銀行に貯金100万おいていたとしても利子なんてたかが知れています。ですが、100万円を銀行に預けるのではなく、物に変えます。100万円を物に変えAmazonやヤフーショッピング、ヤフオク、メルカリ、ラクマなどで販売します。もちろん仕入れする商品は利益がとれる商品なので、利益率を20パーセントとして考えれば100万円の貯金が120万円になるという仕組みですね。

で、ここで120万になった資金を使ってしまっては意味がありません。あくまでも資本金を設定し、それを大きくしていくという複利の発想なので、もし毎月30万円以上の生活費が必要だというのであれば、最低でも資本金は150万円は必要です。

150万円を全て利益のとれる商品に変えて販売すれば、月の利益は30~40万円くらいにはなります。あくまでもこれは理論上であって、実際には150万円分の商品の仕入れ、梱包、発想、価格の見直し、Amazon上の設定、客とのやり取り、そしてまた仕入れとという繰り返しの作業が必要なので、ただ利子が増えるということではなく、やはり労働の対価としての収入からは抜け出しにくいビジネスです。ようするに止まれば収入も減るタイプのビジネスという意味ですね。

 

せどりのリスク

また、仕入れた商品が全て月内に売れるとも限らないので、在庫は貯まるけどお金は増えないというリスクもあります。貯金は下ろせば現金として使えますが、物に変えたお金は、いったん売らないと現金として使うことができません。

もちろんクレジットカードで回すという手も王道ですが、売れずに次の支払日が来てしまえば地獄です。

 

自宅で仕入れが出来る電脳せどりもありますが、正直これこそ肉体労働です。好きなひとなら良いでしょうが、1日ネット上の情報やストアを見て仕入れできる商品を探し続ける作業は苦行でしたね。

あとせどりの最大の欠点は飽和です。どれだけその時利益がとれる商品だったとしても、これだけ情報が溢れかえっている業界なのであっという間に値崩れする可能性が高く、損切りを繰り返すような事態にもなりかねないので、より飽和しない商品を探し続ける能力が必要です。

 

誰も目をつけていない商品や方法を探し続けるのと、Amazonからの規制ラッシュ。この両方を避けながら稼ぐという事が今のせどりに必要なスキルでしょうね。

 

せどりは単純なので簡単にお金は増やせます

利益の計算さえできれば仕入れができるので、ネットビジネスの中でも超簡単な部類には入ると思います。Amazonの規制が強くなっていて新規お断り、古参もアカバンされる厳しい状況ですが、それでもこれからせどりを始めようという方はまだまだ多いようです。

仕入先は店舗でもネットでもどこでもいいですけど、今熱いジャンルは、地域系の食品と、ヘルスアンドビューティー、あと卸し販売です。本もまだまだいけますが、それ以外は出品規制も厳しくなってきているのでリスクが大きいです。

 

食品系を狙うなら

地域系の食品はスーパーやコンビニでも手に入るので手軽に仕入れできます。全国で販売しているようなものではなく、その地域でしか購入できないものをリサーチしてみるといいです。あと単品ではなくセットで考えると利益がとれるものがあるのでチェックしてみてください。カップ麺だとすれば、一個ではなく12個入りとして考えるということですね。

あと、お土産屋などにもこのような地域限定の食品があるので空港や駅も狙い目です。運ぶのが面倒なので、空港や駅にある宅急便のサービスを使ってそのままAmazonに送ってしまってもいいですし無在庫販売も可能です。

 

卸販売をするのであれば

卸し販売をやるのであれば先に法人化した方が楽です。20~40万くらいあれば司法書士が勝手に色々やってくれるので、そんなに難しいものではありません。少なくとも経費で落とせるというメリットがあるため、月に50万以上稼げるようになればさっさと法人化したほうがいいです。むしろしないと損です。合同会社であればさらに安く法人化できますが、やはり株式会社の方が箔が付くので、どうせやるのであれば合同会社よりも株式会社の方がいいですね。

メーカーとのメールや電話やり取りが発生するので、せどりというか、本格的な物販業になりますが、その方が仕事としては有意義でしょうね。法人化していればメーカーとのやり取りも信頼性という面でもスムーズに行くので、一番の近道は法人化でしょうね。あとは地道にメーカーとのやり取りをして、仕入れできる販路を広げていくという方法になります。

 

私はせどりは撤退しましたが、そのうち卸し販売はやってもいいかなとは思ってます。

ただ泥臭いせどりはもうするつもりは無いので、ほぼ外注化で済ませるくらいになるまで様子見の状態ですね。正直アフィリエイトの方が私にとっては楽に稼げる方法なので無理にやる必要はないのですが、いつでもキャッシュポイントを作れるようにしておくのはリスク分散として必要だと思っています。

 

輸入という手も

せどりは国内だけでなく、輸入も視野に入れるとより幅が広がります。

主にタオバオやアリババというサイトで仕入れするのですが、中国という国は日本に比べてけっこういい加減で実際に届いてみないとどのような商品なのかわからないというバクダンを抱えています。しかも届くまでに時間もかかるので、国内の仕入れに比べると予測が難しいというデメリットがあります。

良い商品であれば良いのですが、商品画像と実際に届いたものがあまりにもかけ離れているというパターンが結構あるので、ある程度ルートが見つかるまで苦労します。

本当に輸入に力を入れるのであれば、直接現地に行って実際に商品を手にとって見た方がいいです。中国人は商売人気質な方が多く、大量に買ってくれる人に対しては凄く寛大で良くしてくれます。ようするに大量購入するから値引きしてと頼めば、あり得ないくらい値引きしてくれる可能性が高いということです。

中国輸入するのであれば、ダンボール一箱二箱の世界ではなく、コンテナ買いするくらいの思い切りがなければ大きく稼ぐことが難しいでしょうね。利益率も大きいので、本気で行動出来る人であれば、しっかりと稼ぐことができるはずです。

 

まとめ

特にありません(・∀・)

 

-せどり, ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。