ネットビジネス

エンパスとアフィリエイト

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

こっちの記事で「私はエンパスかも」的なこと書いたんですけど結構な勘違いをしてました。

まず、エンパスのことを「サイコパス」的なネガティブ系キーワードだと思ってたんですよ。で、エンパスってのはようするに人の気持が分かりすぎて人混みが苦手、だとか、繊細で疲れやすい、とか、そのようなマイナスイメージとして「私はエンパスかも」と書いたのですが、どうやら

→光の救世主

とか書かれてて、こんなこと自分で言うことじゃねえなwww

 

と、ひとり赤面していたところです。

いやー、まいったまいった

 

でもエンパスなんだと思います。

自分で「私は光の救世主です」というほどぶっ飛んだアフィリエイトサイトの管理人ですが、逆にそれもまた面白いかなということで、私なりのエンパスとアフィリエイトについてちょっと語ってみようと思います。

まず大前提として、他のサイトではものすごく良いことも書かれていますが「社会で普通に生きるため」として考えるとそんなに良いものだとは思ってません。

それと、エンパスだからどうだという話しではなく、例えばADHDにしてもアスペだとしても、「社会に適応することよりも自分にとって最適な居場所を見つけること」が大事ですよ、という意味合いで考えていました。

 

エンパスってなに?

エンパスについては専門のサイトを見たほうが詳しく書いてます。

簡単に説明すると、共感能力が高く他人の気持ちや考えている事が自分のことのように入ってくるというものです。(似たようなもので共依存などがありますが方向性が異なります。)

相手が話し始めた瞬間に何を言いたいのか分かるし、どんな気持ちなのかも分かります(全てではありません)

なので、人混みが苦手。色んな人の感情や思考が頭の中でごちゃごちゃになるので疲れてしまうんですね。そのため会社勤めには向きません。ほんとネガティブな思考とかガンガン入ってきて自分まで気分がおかしくなったりします。

サラリーマン時代は、仕事はそつなくこなしていたし、人間関係も上手く行ってました。でも人と接する事が無意識的な疲労になるのでストレスは常に感じていました。人と接する事がストレスになってしまうので、その反動で自分の世界を大切に考えるようになり、「休日はなにしてたの?」ということでさえ抵抗感があるくら「プライベートに触れられる」ことを避けるようにしていました。

でも表面的に「社会人を演じる」ことは簡単なのでそれなりにうまくいかせる事はできるんですね。

 

今私が必要最低限の人間関係の中で仕事が出来る環境を作り出し、アフィリエイトの世界に身を置いているのもこのためです。相手の感情を先読みして演じ続けることに限界を感じたということです。もちろんこれが全ての理由ではありませんが、物事には本質というものがあり、私は本質的にこのような性格だから自分が楽に生きることが出来る道を探したと、ざっくり捉えて貰えればよいです。

そのうち気が向いたら少しずつ書いていこうかと思ってますが、一気に全て書いてしまうととんでもなく長い記事になってしまので。

 

エンパスとアフィリエイト

アフィリエイトの業界に入ってからというもの、「読み手の気持ちを考えて書く」ことがとても重要だよ、と「教えている」ことに違和感は感じていました。

それが当たり前で、例えばこのように文章を書いた瞬間にでも「相手はどう思う」と判断し、その答えを書くという対話形式になるのですが、特に習ったり覚えたりするものではなく、当然過ぎることだったので違和感を感じていた、ということですね。

 

もちろん全ての読み手の気持ちに応えることは難しいですが、特定の相手を決めてそこに向けて書く事でそれなりの文章になるので長年このスタイルで書いています。で、他の誰かが疑問を感じるであろう箇所に対して全て答えるのではなく、自覚した上で残しています。

どちらかと言えば、わざと残している、というよりは、全ての人の疑問を解消する文章を書こうと思ったら何万文字になっても書ききれないからです。

 

エンパスは営業職に向いているといいますが、私はそうは思いません。単純に売るということに関しては向いているとは思いますが、相手のあらゆる感情を受け取って先読みしてしまうので精神的に疲労します。相手の気持ちを先読みしてそれになりきるということはできるのですが、私の場合そこまでして身を削って収入を得るということに幸い疑問を持ってしまったので、そこから抜け出して「自分のための人生を優先しよう」と決心することができました。

他人の感情を受けて自分を奥底に閉じ込め、社会に適応させるために演じ続けることに限界を感じた、ということですね。

 

で、ここでははっきりとエンパスと書きますが、エンパスが他人の意識に捕らわれず自分を優先して生きるためには「圧倒」する必要があります。少なからず地球にいる限りは誰かの力を必要とするし、社会から100%離れることも難しいのですが、「お金」があればそれらを圧倒することができます。

誰とも接することなく、自分が一緒にいたい人物だけを自分で決める事ができて、自分のやりたいことだけに集中できて、好きに時間を使うことができるようにするためにはお金が必要です。

 

これを社会でいうと「わがまま」「そんなことじゃどこも務まらない」「誰ともうまくいかない」と言われますが、そんなものは必要がないくらいの環境を自分で作れば良いだけの話しなので、そのためのアフィリエイトでありお金なんですね。

少なくとも現段階ではこれらの言葉に対して「どこに勤めることも、気を使わなければうまくいかない相手とも接する必要がない」と言い切れるので、この世界に身を置いて良かったと思っている反面、もっと頑張らないといけないとも思うわけです。

 

どちらが優劣という問題ではない

このように書くと、社会で頑張っている方を悪く言っているように聞こえるかもしれませんが、まったくそのような気持ちはありません。社会に適応しその中で自分というものを確立し、色んな人とうまく接することができるのも素晴らしいことだと思います。

私が思っていることは「人によって向き不向きがあり、さらに最適な居場所がある」ということです。

そこが自分にとって最適だと思える場所が見つかればそれでいいだけの話しなので、私には最適な場所があり、誰かに取っては社会にいることが最適だといういう距離感さえ保っていればそれで良いと思います。

ですが、どちらかが自分の良いと思うものを押し付けることも、押し付けられることも無しにしたいですね。お互いが良いと思えばそれでいいので。とはいえアフィリエイトは良いと思う商品を紹介する仕事なので矛盾してますけどね 笑

あくまでも、「自分の居場所」という事に対しての意見です。

 

例えば、ドラえもんに登場するのび太くん。

成績が悪いので「それでは立派な大人にはなれない」という位置付けですが、私から見れば「あやとり」や「射的」に特化している子どもという認識です。どれだけ得意な事があったとしても、社会に適応することを優先されたうえで「立派な大人になれない」と言われるくらいなら「成績」なんてものは必要がない、と言えるくらい圧倒的な存在になれいい。

逆に「成績」で自分の場所を見つけられるのであればそこを伸ばせばい。それだけです。

 

これもあくまでも「のび太くん」が自分だったらの話しです。

「成績が上がって欲しい」という親の気持ちも先生の気持ちも分かります。そして小学生であるのび太くんが「特化」した能力で自分の居場所を見つけ出せることに気が付けるとも思いません。なので、もっとも「普通」の考えかたである「勉強しなさい」という言葉は、あの状況では的確だと思います。

 

まとめ

私の自己紹介文みたいになってしまいましたが、本当に言いたいことはそんなことではなくて、人には最適な居場所があるということですね。そして最適な居場所を見つけるためには、自分の存在を認め肯定することのように思います。

「どうやったら稼げるようになるの?」

という相談を受けた時に話すことって「自分の事を好きになって」といいます。

で、「包み隠さず自分で自分の事を認めて肯定してあげて」と続けます。

ネガティブなことでもポジティブなことでもなんでいいです。ネガティブな事は自分の欠点を気づかせてくれる前向きなものだし、ポジティブなことはさらにそこを伸ばす事ができる道標的な存在になってくれます。

とにかく、自分のことを掘り下げ嘘を作らず、壁を作らず、蓋をせずに本当の自分と向かい合い、全てを肯定する。

 

正直、どうやったら稼げるようになるの?という質問が求めるものはもっと具体的な方法だと思います。ですが、どのような方法を伝えたところで、自分のことを嫌いであったり、マイナスな思考だらけの人が成功するのは難しいです。

例えば具体的にこれをやって、と指示を出したところで

「時間がない」「難しい」「私にはできない」という答えが返ってきます。そしてそこにつきまとう「不安」によって前に進まない言い訳を大量に用意しようとします。

 

知った瞬間動き出すくらいのエネルギーが必要なのに、動けない理由を何百と並べ「変化」することを無意識的に恐れます。

そこから抜け出すために「自分のことを知る」「好きになる」「全てを肯定」することが必要となるのですが、これは感覚なのでどれだけ説明してもなかなか伝わらないんですよね。あとから「こういうことか!」って気が付くようになるんですけど、結局は行動しないことには何も変わらないということになるのかな 笑

 

エンパスから大きく脱線したように見えますが、全部つながってます。

ここでの結論は適材適所ってことで終わりたいと思います(めんどくさくなったw)

-ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。