ネットビジネス

ネットビジネスにおける生き方の方向性

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

ネットで稼ぎたい、けど何をやって良いのかわからない。というお問い合わせを受け記事にしてみたいと思います。

ネットビジネスはその名の通りインターネットを利用しているので、本質的に「在庫を持たずに売る」ということが可能になります。せどりのような無在庫販売ではなく、そもそもモノを持たない、空間を必要としないというメリットを大きく活かす事ができます。

また、製品を販売するためには製造という工程が必要で、そのためには工場や設備、人件費、維持費などがかかりますが、パソコンで作成したコンテンツというものは、製造さえしてしまえばコピーで増やすことができるので、そのような設備も必要としません。

製品を作成さえしてしまえばあとは売るだけなのですが、ここで重要となってくる要素が集客です。

広告の重要性は企業も行っている通り認知されなければ購入されません。

 

流れとしては

製造 → 広告 → 集客 → 販売

というシンプルな作業で、パソコンとネット環境があれば一人でもできるということがネットビジネスのメリットですね。

 

これだけ見ると簡単そうですが、ここから先がセンスが問われる部分で、何を作るか?どのように広告を打つのか?どのように集客するのか?どのように販売するのか?という壁をクリアして行く必要があります。

物販アフィリエイトで言えば、製造の仮定が必要ないので、そこは省く事ができますが、独自のコンテンツ販売をするとなれば、それなりの世界観の構築が必要となってきます。

 

ネット上に仕組みを構築して行く

ネットビジネスの利点は上記でも挙げた通りですが、最終的にどれだけ良いものを作ることができて、どれだけ良いものを販売できるのか、どれだけたくさんの人を集めることができて、どれだけ満足して頂けるのか、という点さえクリアできれば稼げます。

少なくとも、この概念を知らずに『ネットで稼ぎたい』と言ったところで、方向性が掴めないどころか、何がなんだか分からない状態なので、とりあえず情報を入手しようとするわけです。

で、情報があまりにも膨大なのでさらに混乱が増し、ネットで稼ぐのは難しいという状態になってしまいます。

 

パソコンは情報を入手するものでもありますが、作業量としては生産の方が多いものと考えた方が良いです。どれだけパソコンで生産しネットに仕組みを作り出すことが出来るのかが重要なので、情報を得るツールではなく生産するためのツールとしてパソコンの見方を変えて見ることも重要です。

 

生産するものだって、ひとつだけではなく、ツール、アプリ、サイト、サービス、ゲーム、イラスト、写真、記事、メルマガ、商材とさまざまです。あとは売れるかどうかなので、売れれば稼げます。

そして実店舗で商品を販売することと大きな違いは、店舗に置いてあとはそこから買ってくださいねーというものではなく、営業を仕掛ける事ができるということです。

 

 

そこから先が勉強

ここまではあくまでもネットビジネスの仕組みです。もちろんここで挙げた方法が全てではありません。

そしてそこから先は勉強するしかないですね。自分で色々と生み出すことも重要ですが情報も重要です。今の時代、わざわざセミナーに行かなくてもYouTubeなどで良質なセミナーを見ることができるし、メルマガやアプリ、Kindleなどの電子書籍で情報をすばやく手に入れることもできます。

おそらく、世の中で成功している方って、常に勉強し続けていて、さらに努力の量も見せないだけであって相当なものだと思います。有名なホリエモンも、明日から独房だというのに前日までメルマガを書いていたそうです。ただ表には出さないだけで隠れた場所では手を動かしているということなんです。

才能があるから、特別だから、そう思われがちですが、実はそうではなく、どれだけ情報を得て、自分で考え、努力できたかどうか。あとは正直でいることでしょうね。人に嫌われてもいいので正直で居続ければそのうち成功します。

自分よりも頭が良く、それでいて地位も名声もあり、お金がある人物ですら、常に勉強し努力し続けていることを知り、簡単に成功するものではないという事は知っておいた方が良いと思います。

 

最近見て面白かったの動画はこちら。

動画に対する批判的なコメントを含め興味深い内容で、広告という考え方の勉強にもなりました。

 

コメントを見た感じ、この内容を見ても嫌な気持ちになる人って世の中にはいるということです。で、ネット上では彼に対するアンチも多く、言い方を変えてしまえば虐めですね。

 

嫌な気持ちにさせるから虐めが起こるのか

嫌な気持ちになるから虐めがなくならないのか

 

私にはどこからどうみても「勝手に嫌な気持ちになって攻撃している」ようにしか見えません。

誰かを嫌な気持ちにさせないことを美徳としている社会において「いちいち嫌な気持ちになる」相手と付き合って行くか、「本質を認め糧とする人間を尊重する」のかどうか、それぞれ自分で考え「合っている」方向に進んでいけば良いのだと思います。

私は彼の動画から学ぶことがありました。特に嫌な気持ちにはならないんですよね。

どちらが正解とは言わないし、それぞれ考え方の違いなのでお互いに尊重できればいいだけの話しです。シンプルに「いちいち嫌な気持ちになる相手」と付き合うことで自分が無くなるのであれば、マイナスにしからないという私の価値観の問題ですね。誰に押し付けることもありません。

そしてネットビジネスで成功している方は、いちいち嫌な気持ちになる相手との距離を置くことで、本音で発信することができていて、実際に成功し信頼も得ています。

-ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。