アフィリエイト実践記

アフィリエイトの生産性を高めるにはEvernoteのようなメモを組み合わせたタスク管理が便利

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

2018年の年明けからあっという間に1月も終わりに近づいています。

本当に一年なんてあっという間に過ぎてしまうので、ひとりで仕事をしていると時間の管理も重要になってきますね。

個人的にスケジュール管理よりも、やることを決めて作業を進めて行くタスク管理を取り入れています。どうしても時間的なスケジュールにしてしまうと、中途半端なものを作ってしまったり、時間に追われている感覚が好きではないので、1日にやることを決めてそれを消費していく方がアフィリエイト作業には向いているような気がします。

また、だらだらとやるよりも集中して作業するのであればタスク管理の方が向いています。

サラリーマンだった頃の話を弟と良く話すのですが、特に北海道は残業することを「美徳」として考えている節があり、むしろ残業するために仕事をだらだら行ってしまう人もいるくらい、残業することが当たり前になっている傾向があります。

この本質は「仕事が遅ければ遅いほどお金になる」というジレンマがあり、決められた仕事を時間内に終わらせた方が給料が安いという不思議な現象が起こってしまいます。

当時は、パッと仕事を終わらせて就業時刻前には全て終わらせ、明日の仕事もやって、他の人も帰れるように手伝ったりしていたのですが、どうやら定時に帰ることを「やる気がない」と思われているようでモヤモヤした経験があります。

結局、残業するしか選択肢はなく、いかに時間を引き伸ばした仕事をするかという生産性に逆行するようなやり方に疑問を持ち、2回仕事を辞めました 笑

 

Evernoteで仕事のタスク管理 - インプットとアウトプットのバランス

とくに決めてはいないのですが、やりたいことって常に増え続けるので、思いついたらEvernoteにメモするようにしています。途中でOneNoteの方が使いやすいかも、と思ったこともあるんですけど、さすがに8年くらい使い続けているので未だにEvernoteは手放せません。

んで、『やること』をメモし、それを消化していきます。また思いつけばメモして行き、そして優先順位を自分で付けてその順番に消化していくという方法です。

具体的なEvernoteの使い方としては、

『タスク』というノートブックに「やること」「思いついたこと」などをその都度メモしていき、実際に消化して行きます。終わったら『済み』というノートブックに移して作業終了です。

これだけのシンプルなものですが、時間ではなく「やること」で仕事を管理するので個人でやるには1番自分に合っている方法です。

やること = インプット

済み   = アウトプット

という構図も自然に出来上がるので、やることが増えていれば、済み(アウトプット)を優先して進め、やることが少なくなればインプットを取り入れるように、インとアウトのバランスが保たれ視覚化できるので重宝しています。

 

少なくとも、ネットビジネスにおいて自分でやっていこうというのであれば「指示待ち」というものはなく、自分でやることを考え、そして行動するという一連の作業が必要になってきます。

さらにEvernoteなどを使ったタスク管理のメリットは『自動化できる作業かどうか』をじっくり考える事ができるという要素です。メモを取り、行動に入る際に、これは外注でもできそう、というものがあれば「外注可能」というタグを付けて行きます。ツールで動かせそうというものであれば「ツール」というタグを付けて行き、溜まった頃にソートして自動化の流れを設計していきます。

 

Evernoteは第二の脳と呼ばれているようですが、タスクと済みという概念を取り入れるだけでも十分機能してくれるので、もし漠然と作業しているのであれば、このような方法を取り入れて見ることをおすすめします。

-アフィリエイト実践記

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。