ネットビジネス

アフィリエイトでは単発的な収入ではなく継続した収入こそ重要

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

ひさびさにこちらのサイトの更新になります。

ちょっと私用でバタバタしていて超さぼってしまいました^^;

とりあえず近況報告として自動化Cサイトの収益は底値で8万円(1日)。で便宜上Cサイトと記載しましたが、すでに構成が大きく変わっていて現在5サイトをまとめて運営しています。わかりやすく言えばCサイトグループ(?)と表記すればいいのかな?

 

んで、外注化サイトの収益は7千円(1日)

アフィリエイト素人集団にもかかわらずよくここまで頑張ったと感動しますね。どちらかと言えば自分で運営しているサイトよりもこっちのサイトで成果が挙がっていることのほうが嬉しかったりします。

 

次のステージ

予定していたよりも全然早いペースで収益が出始めCサイトの目標金額も大きく上回っているので、とりあえず今後の流れとしては安定させるということが最優先と考えています。

とにかくアフィリエイトって周りから見れば「そんなに稼いでて羨ましい!」って思われがちですが、実は裏では結構必死だし、何よりも継続して稼ぎ続けることの難しさを誰よりも知っているので、なかなか精神的な安心って簡単に得られるものではありません。

正直、単発の利益になんの魅力もなく、本当に必要なものは『継続収入』というものです。私はまだ38歳なので残りの人生を継続して稼いでいくということが必要となってくるため油断するということは絶対にあり得ません。

確かに自動化しているので放置で収入あるし、最近ではスプラトゥーン2にハマり過ぎて一日18時間とかゲームしてしまったんですけど、それでも収入は増えていますが、簡単に稼げると思ったことは一度もないです(あったかもしれないけど)

ということで次のステージ、というよりは常に安定して稼ぎ続けるということは意識しているので継続していくという感じでしょーか。

 

もしこれからアフィリエイトをやろうと思っている方がいるのでしたが「月収何百万円!」という売り言葉に魅力を感じるのではなく、その月収がどれだけの期間続いているのかを考えるようにしてみてください。もし単発であれば翌年の税金がとんでもないことになるので地獄を味わうだけで日本の社会というものは継続した収入がなければ苦労するようにできてます。

本当に稼げる人であれば、例え単発で稼いだお金であったとしても、継続した収入ができるように構築するでしょうし、稼げない人は単発で稼いだお金を投資ではなく消費してしまいます。

あくまでも目的は「継続した収入」であって額の大きさはさほど重要ではありません(遊びたい人は別ですけど)

 

 

収入が増えたら金銭感覚はどうなるのか

ネットビジネスにしてもそうですが、実際に稼ぐということは、そうなったときの自分の姿を鮮明にイメージできるのかどうかって意外と重要だったりします。一応私はアフィリエイターとしてはまだまだ中堅でしょうが、それでも専業で生活できるレベルなのでこれからアフィリエイトをはじめようという方にとっては稼げているイメージが掴みやすいのかと思います。

ってことで金銭感覚がどうなるのかってことなんですけど、あくまでも私の場合は、おそらくケチな部類に入ります 笑

夕食を作るのが面倒だからセブンイレブンに行って、「金のハンバーグ」を3つ買おうと思ったけど、「3つで1200円かー」と躊躇ってしまうくらいお金を使うことに抵抗があります。割引されている商品があればそっちを選ぶし、マックのクーポンも普通に使います 笑

 

ただ、お金の質というのか、これを買えば効率が上がるだとか時間が短縮される、作業がしやすくなる、モチベーションが上がるというものに対しては金額問わず買うようにしています。

最近はノートパソコンのSurfaceのデザインが気に入ったので購入したんですけど、気に入ったものを使うということはモチベーションが上がるので欲しいと思ったら即購入します。迷っていても仕方がないので気に入ったものを買ってその分もっと頑張る。これが結構大事ですね。

 

基本的な考え方は仕事も生活も同じことで、ツール(道具)ができることは任せてしまえという発想なので、洗濯機であれば乾燥機付きであったり、食器を洗う時間がもったいないので自動食器洗い器に魅力を感じます。あくまでもお金を使って時間を買うということに対してはお金は使うけど、それ以外のものに対しては気に入ったもの以外にはあまり使わないというスタイルです。

本当に大切なものはお金ではなく時間であり、そのためのお金という考え方のもとに金銭感覚が成り立っているのだと感じます。

-ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。