ネットビジネス

全力でノウハウコレクターになってみる

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

ノウハウコレクターは稼げないといいますが、それは完全に正解というわけであって間違いでもありません。

人には段階や受けた情報を料理する能力というものがあり、一概にそれは絶対にダメという方法は固定概念というものです。ただ情報を買って何も考えずに思考停止して次々と追い求めるのは行動が伴っていないのでただの良い客です。

情報発信者もバカではなく、ある程度は実践している上で情報を提供しているので、自分が知らないことを知っている可能性は高く、無限にやり方があるネットビジネスという性質上、そこに特化しか情報を吸収することは全然有りです。

感覚としては教わるのではなく、徹底的に搾り取る。

悪く聞こえるかもしれないですけど、ちょっとお金を払えばボロボロ情報を渡してくれるし相手もそれを生業としているのだから利用しない手はありません。要するに厄介な客にはなりますが、稼ぐために購入するのであって、情報が欲しくて購入するわけです。情報を引き出すことは何も悪いことではなく、相手の底が見えるまで徹底的に吸収してあとは自分のノウハウにしてしまえば良いことです。

ってことで、まさに情報屋といっても良いくらいネットビジネス業界のことに詳しい嫁ちゃんから良さそうな情報をもらって精査している段階です。正直ここまで詳しい主婦は他にいないんじゃないかってくらい業界のことを知っていて信頼度も高いので有難く活用させてもらってます。

 

このような自動化も有り

私はもともとせどりという物販をやっていたので一通り全てのできるし実際に稼げます。情報発信もしていたのでその情報量も多くやろうと思えばいつでも稼ぐことはできるんですけど、せどりってなんとなく恥ずかしいというのか泥臭いというのか、正直人に胸を張ってせどりやってます!と言えるようなビジネスではないんですよね。

性質としてチケット転売とたいした違いはなく、どちらかといえば人に迷惑をかけるタイプの稼ぎ方なのでビジネスなのかと言われれば正直うーーーーーーーーん・・・となってしまいます。

私もAmazonでよく買い物はするんですけど絶対にAmazon本体から購入するしkeepaというGoogleChromeの拡張機能を使って価格の変動を見るようにしています。純粋な購入者という視点から見ても定価より高値ということに抵抗はあるし、何より本来の価格より高値で販売してその差額で利益を出しているという人間がいることが気持ち悪い。

基本、どのような物販でも利益は出す必要があるのでそれと同じだと言う発想もあるようですが、価格を吊り上げるために買い占めするのはただの迷惑行為でしかなく、ビジネスとは言い難いので論外です。逆に買い占め以外の方法であれば、まあ全然有りだと思います。

 

ただ、泥臭さの解消や人に迷惑をかけないのであれば問題はなく、比較的外注化もしやすいのでそこは考慮する余地があります。そして情報配信者の中にはただ稼げる商品だけを流し続け、それを仕入れて販売すれば良いということもやっているので、アルバイトを雇ってそのリストを見てもらい、「仕入れ→出品→販売」と繰り返してもらうことが自動化できればそれだけでひとつのキャッシュポイントができてしまいます。

なんというのか、自分でやるのは時間の無駄だけど、仕組みとして組み込むのであればそのような稼ぎ方も全然有りだと思ってます。(買い占めはしないけど)

 

お金を使ってお金を稼ぐということは常識ともいえるくらい当たり前のことであって、せどりは商品を仕入れて(お金を使って)お金を稼ぐという方法なので、理解しやすいのではないでしょうか。さらに「せどりの仕組みそのもの」を買ってそれで稼ぐという方法も、お金を使ってお金を稼ぐということに繋がるので面白いかもしれません。そしてそれが全力でノウハウコレクターになってみるという記事タイトルにつながっていきます。

-ネットビジネス

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。