アフィリエイト実践記

アフィリエイトにおける無駄な努力

投稿日:

Pocket

どーも竹内です。

嫁ちゃん育成計画もいよいよ大詰め。

目的は「スタート地点に立ってもらう」ということで三年くらい付きっ切りで続けているのですが、いよいよ世界の見え方に変化が起こり始めたようで、言葉ではなく心で理解できるようになるという段階まで来ています。

それと同時に起こった変化が「実際に収入が増えつつある」という事実に直結していて、まだ少ないですが一日に3000円の収益、多ければ5000円を超えるようになってきました。これは月収にして10万円を超えるペースなので、アフィリエイトとしてはまず成功と言えるのではないでしょうか。

 

特に狙ってはいないのですが、奇遇なことに「まったくのアフィリエイト初心者」と「何年も情報を追い求めていた嫁ちゃん」の開始時期が非常に近く、

 

まったくのアフィリエイト初心者の現在の収入 → 1日で最低15000円前後(月収で45~50)

嫁ちゃん → 一日で最低1000円前後(月収で3万円前後)

 

という結果になっていました。

 

できない理由を考える天才

もちろんこれは比較ではなく事実であり、嫁ちゃんの自尊心を削り取るような意味合いで書いているのではなく、「問題点」に気が付いて「改善してほしい」という気持ちで書いております。

まったく同じ手法で、まったく同じ作業を続けた結果、これだけ収入に差が出るということは、手法や作業に問題があるのではなく、「100%自分の中にある思考」に問題があるということに気が付くはずです。

よくマインドは重要と言いますが、それは事実結果に繋がります。

 

成功しないのは誰のせいでも手法のせいでも作業のせいでもなんでもなく

100%自分のせいです

そして成功できたのであれば100%自分のおかげです。もちろん手法や方法、作業のやり方によっても変化はしますが、「正しい手法を行ったうえで成果が出ないのは自分のせい」「正しい手法を行った結果成果が出たのは自分の力」ということを、事実かどうかではなく「そう認識」したうえで行動できる方はとにかく強いです。

 

あくまでも認識が重要なのであって、事実かどうかはあまり関係ありません。そう認識できれば成功に近づくし、常に何かのせいにしているようでは成功には程遠いです。

 

それを証拠に、私はアフィリエイト初心者にも、嫁ちゃんにも、まったく同じ手法を伝えました。

アフィリエイト初心者には「100%自分」という認識が備わっていて、嫁ちゃんにはそれがありませんでした。とにかく「できない言い訳を考える天才」なので、そこから抜け出してもらうということで三年間付き合ってきたわけです。そしてすでにそこから抜け出し、そのタイミングで明確な成果が上がり始めているという事実を目の当たりにしました。

 

段階に応じた無駄な行動を極力省くために必要な思考

このような意識の改善は、ある意味洗脳としても受け取れます。

洗脳と言えばどうしてもネガティブなイメージが付きまといますが、それは「神を信じる」という目的において洗脳するからです。ビジネスや成功という点においての洗脳とは、あくまでも「自分を信じてください」という目的を持った洗脳となるため、一概に洗脳自体が悪いというものでもありません。

そもそも洗脳という字は「脳を洗う」という漢字が使われているため、本来の意味合いでいえば特にネガティブなものではなく、脳を洗浄するという意味合いでも受け取ることができます。

どうしても複雑に物事を考えてしまう人は成功からほど遠く、複雑を英語に直訳すれば「complex(コンプレックス)」という意味が現れます。成功するためには真逆のシンプルな思考が重要であり、シンプルな思考を持つことで正解まで一直線に行動ができるようになります。

 

例えば、嫁ちゃんの場合、良くありがちな「complex(コンプレックス)」の一つに「迷惑をかけない」という概念があります。もちろんこれ自体は大切なものですが、過度な意識が「遠慮」を生み出し「わからないことを訊くこと」が遠慮に繋がっていました。

遠慮が質問を遠ざけ、わからないことをわからないまま棚上げした状態になっていたため、「成功から遠い状態で努力している」ということに繋がっていきます。それは無駄な努力であり、その場で足踏みしている状態なので、そこから抜け出すためには余計なことは考えず、遠慮なんてものはどうでもいいから「わからないなら聞く」というシンプルな行動を取れば良いだけの話しです。

ようするにコンプレックス(複雑)な思考が邪魔をして、行動の妨げになっていたということですね。

 

ただし、無駄な努力と書きましたが、それはあくまでも嫁ちゃんの場合であって、もうひとつ前の段階として「何がわからないのかわからない」という段階もあります。わからないことを訊く、ということはとても重要なことですが、「なにがわからないのかわかっていない状態」では、質問すらできません。そこで重要な行動のひとつとして、無駄な努力をすることも、また成功するために必要な要素となっていきます。

 

表現としては無駄な努力と書きましたが、あくまでも現段階での嫁ちゃんにとっては無駄ということであり、全ての行動には無駄というものはありません。迷うくらいであればまずは行動を続け、その経験から疑問を生み出し、そして解決する。このような流れがあるため、

それぞれの段階によって無駄な行動がある

ということになります。

 

ようするに、無駄な行動というもは本来なく、どの行動も活かすことはできるのですが、「その段階でその行動を取ることは無駄」ということはおおいにあり得るということです。そして、その無駄な行動は、コンプレックスからくる「遠慮」という概念があったため起こったものであり、シンプルであれば遠慮なく質問できたということに繋がり、成功にも到達しやすいということが理解できるのではないでしょうか。

 

-アフィリエイト実践記

Copyright© ゼロから始めるアフィリエイト実践記 , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。